健康備忘録

健康な心身は幸福を生みます。

スポンサードリンク

【保存版】歯周病の原因と症状と予防について

スポンサードリンク

はじめに

今回は歯周病について、原因と主な症状、予防法について書いていきます。

歯周病とは

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。 歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。

歯周病の原因

歯周病の原因には直接的な原因と間接的な原因があります。

直接的な原因

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の直接的な原因は歯垢です。


歯垢は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。


この歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きてしまうのです。

間接的な原因

歯肉炎・歯周炎を含む歯周病は、「口腔内の環境」や「生活習慣」にも間接的な原因となる危険因子が潜んでいます。


歯肉炎のケアには、適切な歯磨きで歯垢を取り除くことと、危険因子を少なくしていくことが必要です。

お口のトラブル

ふだんからお口のケアを怠っていたり、お口の健康に悪い習慣などを放置しておくと、歯周病などを引き起こすことがあります。

歯石

口の中の汚れや細菌が増殖すると歯垢が作られ、みがき残した歯垢は約2~3日で石灰化し、歯石となります。
歯石が一度ついてしまうと、歯みがきでは落とすことができず、歯ぐきの炎症などを引き起こします。

歯並び

歯並びが悪い部分は歯みがきが不十分になりやすく、みがき残しから歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

歯に合わない被せ物

むし歯治療などで被せものが自分の歯に合わないと、そのまわりに歯垢(プラーク)がつきやすくなります。

口呼吸や歯ぎしり

口で呼吸することが癖になっていると歯垢(プラーク)ががたまりやすい乾燥した状態になります。また、歯ぎしりは歯や歯ぐきに強い力がかかり、炎症が起こりやすくなります。

生活習慣

歯周病の原因は歯周病菌だけではありません。ふだんの何気ない生活習慣が歯周病につながることもあるのです。

喫煙

喫煙は、血管が収縮し、歯ぐきの血行が悪くなります。その結果、歯周病への抵抗力を弱めてしまいます。

ストレス

ストレスが多い毎日で、食習慣や歯みがきの習慣が変わることがあります。さらには、ストレスが原因で体の抵抗力が弱まり、歯周病が悪化しやすくなることもあります。

食生活

不規則な食生活や栄養バランスの欠いた食事をしていると、体だけでなく歯や歯ぐきにも悪影響を及ぼします。また甘いもの、やわらかいものは歯につきやすく、歯垢(プラーク)が増える原因となります。

歯周病の症状

歯肉炎

歯茎が炎症を起こしたために、赤く腫れて「プヨプヨ」した状態になる「歯肉炎」です。この症状は歯周病の初期の段階ですが、そのまま放置しておくと、歯周病はどんどん進行していくので、早めのうちに対策しましょう。

歯周炎

歯茎の炎症が進行して歯茎が下がってしまいます。これにより、歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが挟まりやすくなります。さらに、口臭も発生するようになります。放置しておくと「歯槽膿漏」の状態になり、歯医者さんでの治療が確実となってきます。

歯槽膿漏

歯肉を押すと膿が出てくる状態は「歯槽膿漏」といえます。やがて歯がぐらぐらして、歯の根っこまで見えるようになります。放置しておくと歯を支える「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる骨が溶け歯が抜け落ちる危険性がありますので早急に治療する必要性があります。

歯周病チェック

  • 歯肉の色が赤い、もしくはどす黒い。
  • 歯と歯のあいだの歯肉が丸く、腫れぼったい。
  • 歯肉が、疲労時やストレスがかかっているときに腫れやすい。
  • 歯肉が退縮して、歯と歯のあいだにすき間ができてきた。
  • 歯が長く伸びてきた。
  • 歯の表面を舌でさわるとザラザラする。
  • 歯みがき時などに歯肉から出血しやすい。
  • 起床時に口が苦く、ネバネバして気持ち悪い。
  • 歯肉を押すと白い膿がにじみ出てくる。
  • 歯の動揺がある。
  • 歯と歯のあいだに食べ物が挟まりやすい。
  • 上顎の前歯が出てきた。
  • 人から口臭があると言われる。

歯周病の予防

定期的に歯医者に通う

歯医者は虫歯になってから通うだけのものではありません。


「予防歯科」といって、定期的に歯や歯茎の状態をチェックしてもらうことにより、虫歯や歯周病を予防することも可能です。


虫歯や歯周病のチェックは健康保険が使えます。


ですから、40代になったら3か月に1回は歯医者に通って歯と歯茎をチェックしてもらいましょう。


そうすれば、歯周病も早期発見できます。

歯磨きを念入りに行う

歯垢は、歯みがきがいいかげんな人ほどたまりやすいのです。


ですから、朝晩しっかりと歯をみがきましょう。


歯ブラシだけでなく、歯間ブラシなども使うとより効果的です。


さらに、歯周病予防の歯みがき粉を使うとよいでしょう。


歯だけではなく、歯茎も念入りにブラッシングすると歯周病を予防できます。


ただし、力任せにこすれば歯茎を痛めてしまうでしょう。


歯ブラシは普通にするか、柔らかめのものを使ってください。

糖尿病に気をつける

40代以上になると発症率が上がるのが糖尿病です。


糖尿病の合併症のひとつに、歯周病があります。


糖尿病になると、歯周病になる確率がぐんとはね上がるのです。


ですから、歯周病を予防したい場合は糖尿病にも気をつけましょう。


そのためには、定期的な健康診断を受けてください。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。


日本ブログ村に登録しております。
以下のバナーをクリックしていただけると今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。