健康備忘録

健康な心身は幸福を生みます。

スポンサードリンク

禁煙開始による効果

スポンサードリンク

はじめに

タバコの煙には、4000種類以上の化学物質が含まれていることを知っていますか?


そのため、タバコを吸うことが、最も病気のリスクを上げる行為の一つであると言われています。


現在13億人の人々が喫煙者ですが、もし禁煙したとしたら、何が起こるのでしょうか?


今日はそんな禁煙することで、身体に起こる変化を解き明かしていきましょう!

禁煙開始

ではまずは景気よくタバコを吸っていきましょう!


さて禁煙開始です。


肺から取り入れられたニコチンが体全体に巡っていき、アドレナリンの分泌を高め、多幸感を得ることができます。


それと同時に心拍数を上昇させ、血行不良から手足が、冷えます。


しかし、20分もすれば、喫煙によって収縮していた血管が元に戻り、血圧や心拍数、体温が正常に戻ります。

2時間経過

そして禁煙後2時間経つと、ニコチンによるドーパミン(快感や多幸感を得る成分)の分泌が止まるため、タバコを吸ってニコチンを補充したくなります。


吸いたいイライラや、不眠になるなどの症状が現れます。

8時間経過

24時間後には、肺から毒素を出すために、咳が増えます。


血液中の一酸化炭素濃度が正常値に戻り、冠動脈疾患のリスクが減少します。

24時間経過

禁煙8時間後になると、血液中の一酸化酸素濃度が正常に戻り、しっかりと呼吸により酸素を取り込むことができます。


しかし喫煙したいという思いから、禁煙の効果を感じるのは難しいはずです。

2日経過

2日後には、タバコによって狂っていた味覚や嗅覚が正常に戻り始めます。


それにより、ご飯やお酒がおいしく感じ始めるころです。


禁煙の効果をもっとも実感するのが、この48時間後といわれています。

3日経過

3日後には、ニコチン禁断症状のピークに達し、頭痛、吐き気、けいれん、うつ病のような感情的な症状を発症します。


こういった症状は、この期間が過ぎれば、禁断症状は緩やかに薄れていきます。

1ヶ月経過

1カ月後には、徐々にタバコへの依存が弱まり、2型糖尿病、癌、および心臓血管疾患を発症するリスクが低下します。

3〜9ヶ月経過

禁煙3〜9ヶ月になると、肺の中はきれいになり、せき、疲労感、けんたい感、息切れがほとんどなくなります。


この状態が禁煙成功と言われる状態です。


しかしふとしたときに、タバコを吸っている夢を見ることがあるかもしれません。

1年経過

そして禁煙1年後には、心臓病の発症リスクが大幅に減少します。

5~10年経過

禁煙5~10年後には、肺がんを発症する可能性が、喫煙者の半分の確率にまで減少します。

15年経過

禁煙15年後には心臓発作のリスクは、一度も喫煙していない人と同じくらいの確率になります。


もちろん、回復する度合いや、症状の悪化は違いがありますが、だいたいこのような経過をたどります。


禁煙は辛いかもしれませんが、それによって受ける恩恵は、禁煙の辛さを大きく上回ります。


最良の選択は、初めからタバコを吸わないことでしょう。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。


日本ブログ村に登録しております。
以下のバナーをクリックしていただけると、今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。