健康備忘録

健康な心身は幸福を生みます。

スポンサードリンク

お水が身体に与える良い効果

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回はお水が身体に与える効果について書きます。

他にも健康法の記事も書いております。

ぜひご一読ください。

お水が体に与える良い効果

水は体内で重要な役割を果たしています。例えば下記のような役割です。

  • 発汗による体温調整
  • 体内の不要物を尿・便として排出するのを助ける
  • 酸素・栄養素を血液循環により体全体へ運搬する

このように人間が生きていくための役割を果たしてくれる水は、どのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

希釈効果

誤って薬や毒物などを飲んでしまった場合、水をゆっくり飲むことがすすめられています。これは、毒物の濃度を薄める希釈効果があるためです。

また胃酸過多の場合も、多めの水をゆっくり飲むことで、体内の酸を薄めることが可能となります。

解毒効果

お酒を飲み過ぎたときなど、水を多めに飲むことで酔いの症状が和らぎます。これは、アルコールを飲むと体内で発生するアセトアルデヒド(有害成分)が、水により分解されるからです。

二日酔いの場合にも、水を多めに飲むことで症状が緩和されます。

利尿効果

水には利尿効果があるため、飲むことで排せつをする回数が増えます。体内の老廃物や不純物を出すため定期的に排せつが行われることで、体に不純物が蓄積されにくい体質となります。

リンパ節にたまる老廃物も促すため、むくみの改善に期待できるほか、滞りなく血液循環が行われることで、新陳代謝の活発化・ダイエットにもつながります。

下剤効果

尿を出すのと同様に、定期的に排便することも体内組織を健全に保つ上ではかなり重要。便秘で悩む人の要因としてまず考えられるのが水分不足です。

水を飲むことで、腸内で水かさが増します。水かさが増すと腸が刺激されるため活発に動き出し、排便を促進してくれます。

便通が悪いとお悩みの方は、積極的にお水を飲まれることをおすすめします。

発汗効果

暑いときは汗をかくことで体温を調節します。体内に水を取り入れることで、発汗効果を得ています。

人間の体は常に体内で熱を発生させながら動いています。体を正常に働かせるためには、体温を36℃前後に保つと良いと言われていますが、この体温調整は発汗することなどで行われています。

そのため汗をかきづらく、熱の放出がうまくいかない方は体温バランスが保(たも)てず、体調を崩しがちとなります。お水には発汗効果があるため、定期的な水分補給が大事です。

睡眠効果

水を飲むことで睡眠導入効果も得られます。今後、夜になかなか寝つけない日があれば、コップ一杯の水を飲んでみましょう。水を飲むと、脳へ上がろうとする血液をほどよく下げる効果・緊張緩和の効果があるため、心地よく睡眠へ誘導してくれます。

また、夜食が食べたくなって我慢したいときなどにも、お水が空腹感を満たしてくれますよ。

おすすめのウォーターサーバー

良い水を飲むことで、健康にもつながるということですね。

また、僕がおすすめするウォーターサーバーを載せておきます。

それは良水市場おいしい水宅配水
です。

これは今までの宅配水とは違います。

高品質の宅配水で業界最安値を目指します。

宅配水業界老舗メーカーだから出来る、こだわりの水とお得なサービスです。

アメリカ政府が開発した高度な水処理技術「逆浸透膜」を2回行う「ダブル逆浸透膜」を業界初採用。

従来のRO純水より、さらに不純物を徹底的に除去した安心・安全な純水を作り出します。

その純水に世界自然遺産「知床らうす天然海洋深層ミネラル」をブレンドしました。

まろやかなのに、すっきりとした飲み口で料理やコーヒー、お茶などは様々なシーンでご利用いただけます。

もし良水市場で選ぶなら、12Lより8Lプランがおすすめです。

良水市場の自社スタッフが配送する「8Lプラン」と、ゆうパックで届く「12Lプラン」があります。

例えば、口コミでは、値段が安くてボトル交換もしやすい8Lプランが好評でした。




最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

日本ブログ村に登録しております。
以下のバナーをクリックしていただけると、今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。

では次の記事でお会いしましょう。