琥珀の栄養学

健康な心身は幸福を生みます。

スポンサードリンク

ヨガの効果について

スポンサードリンク

はじめに

今回はヨガの効果について書きます。


健康法について、他の記事も書いております。
ぜひご一読ください。

ヨガとは

インド語に由来し、宗教的な修行の瞑想法として行われてきました。


2000年前後からダイエットやフィットネス目的の健康法として行われ、様々な流派が存在します。


現代のヨガには様々な流派が存在しています。


体をほぐして、体幹を鍛える事が出来るヨガは、特別な道具などを必要としないで身体一つでお手軽に出来る点が嬉しいですね。


ポーズ中に体を痛めてしまわないように、ヨガ用のマットは用意した方が良いでしょう。


※簡単なポーズなどはベッドなどでも出来ますがバランスのとりずらいポーズなどはベッドなどで行うと怪我の元です!

ヨガの代表的な効果


  • 身体のゆがみ・くせを直す
  • シェイプアップ効果、姿勢が良くなる、内臓が活性化され体内環境を整える
  • 自然治癒力を高める
  • 内観性が高まる
  • 集中力、感情のコントロール力の向上
  • 慢性的な症状の緩和
  • 肩凝り・腰痛・頭痛・冷え・便秘・更年期・月経障害などの病気の予防や改善
  • 自律神経を調える
  • ホルモンバランスの調整や強化


その他として、体力や筋力の向上、老廃物を出す(血流やリンパ流の流れスムーズに、美肌、新陳代謝が活発に)、ポジティブ心やる気アップ、ストレスやうつ症状の緩和・耐性向上

こちらに記載したものは一例で、個人差があります。

こんな人にオススメ

  • 筋力がない、運動が苦手
  • 冷えやだるさ、肩こり、むくみなどを改善したい
  • 病院に行くほどではないけれど不快な症状に悩んでいる
  • 女性特有の不快症状などの緩和
  • 多忙でストレスフルな人
  • 自分を見つめ直す時間が欲しい
  • リラックスしたい
  • 自然との結びつきを感じたい

ヨガの呼吸法

ヨガの流派によって呼吸法も異なりますが多くの流派では腹式呼吸を基本としています。


ヨガを行う際にオススメの呼吸法をご紹介します。


鼻から「ゆっくり」息を吐き出すイメージを持つ事から始めましょう。


息を吐き出す際にお腹を凹ましながら腹筋の動きを意識しましょう。


息を吐ききったらお腹に空気を入れるイメージで同じく腹筋を意識しながら「ゆっくり」と息を吸いましょう。


この呼吸をゆっくり繰り返しましょう。
目をつぶり、ゆったりとした呼吸をする事で体の不調や変化に気づく事が出来るようになります。


自分の体との対話を行うように呼吸をしながら体を動かす事がヨガの基本であり、とても大切なことです。


腹式呼吸を意識したゆったりとした呼吸をする事で二酸化炭素の排出が行われ、細胞の活性化が行われます。


特に現代人は口呼吸の浅い呼吸になりがちで十分な二酸化炭素を吐き出す事が出来ていません。


腹式呼吸を意識するだけでも新鮮な酸素を取り込む事が出来るようになり、体の活性化や疲れの解消、代謝の向上にも役立ちます。

ヨガをした後に身体に起こる影響

ポーズを行うことで日常使っていない関節、筋肉などを動かしますので、脳の様々な分野が刺激され生命力が覚醒していきます。


呼吸に集中することで体や心や意識面における色々な「気づき」を生みだしますから、積極的な思考、忍耐力、行動力、安定力が身につき人生を前向きにとらえることができます。


焦らず続けていきましょう。


気になるようなら少し休むことも大切ですが、体の内側では喜んでいることを感じましょう。

症例 症状
発熱 発汗(微熱)血行盛ん
だるさ 達成感、歪みが多く、ほぐれると血流促進され、けだるくなる。
筋肉痛 運動不足?ムリしませんでしたか?普段使わないところを刺激した痛み→ホットタオル・風呂で温めほぐす
脈の早さ 呼吸筋への刺激により、血流促進、循環促進
手足のほてり・冷え いつもと異なる血の流れが起こることにより感じる→内臓から末端への刺激効果
げっぷ・腹張り 消化液の促進
胃の痛み 胃の粘膜の働きが活発化し、痛みに似た感覚
めまい 筋肉への血行が始まると、毛細毛管までが一気に広がる時の一過性感覚
せき・たん・鼻水 肋骨開閉力が高まると、解毒力強く出ることがある
つる(腰や足など) 凝り固まっていた部分、オーバーワーク気味?呼吸とあわせましたか?血流の刺激、糖尿の発見?

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。


日本ブログ村に登録しております。
以下のバナーをクリックしていただけると、今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。