自分磨きラボ

知識と実践

スポンサードリンク

お酒のメリットとデメリットについて

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは。

今回はお酒のメリットとデメリットについて書きます。

他にも健康法の記事も書いております。

ぜひご一読ください。

適度な飲酒のメリット


食欲増進

お酒を飲むと胃液の分泌がさかんになり、消化を助けるため、食欲が増します。

ストレスの緩和

ほろ酔い程度の飲酒は、精神的な緊張をほぐして、ストレスの軽減につながります。

血行促進

アルコールには血行をよくする働きがあります。

人間関係を円滑に

おいしい食事とお酒は、人との円滑なコミュニケーションに役立ちます。

冠婚葬祭、歓迎会、送別会などの特別な場面でお酒はかかせないものです。

過度の飲酒によるデメリット

飲み過ぎは、こんなに危ない!知っておきたいデメリット

急性アルコール中毒

お酒は自分に合った量を自分のペースで飲まないと危険です。

短時間に大量の飲酒をすると、血中のアルコール濃度が急激に上昇し、急性アルコール中毒をまねくことがあります。

泥酔から昏睡状態に、さらには呼吸困難や最悪の場合は死につながる危険性があります。

さまざまな臓器障害

長期にわたって大量飲酒を続けていると、脂肪肝、アルコール性肝炎などの肝臓障害が引き起こされます。

でも、実はそれだけではありません。大量飲酒を長く続けると、全身のさまざまな臓器に障害をもたらします。

アルコール依存症

長期にわたって大量飲酒を続けていると、しだいにお酒を飲まなくてはいられなくなってきます。

「今夜はやめておこう!」「体調が良くないし…」と思っていても、つい飲んでしまう。

そのうち少しの量では酔えなくなり、毎回のように意識を失うまで飲み続けてしまう、平日でも朝から飲むようになるなど、そんな日が増えてきます。

さらに、お酒が切れるとイライラする、脂汗がでる、手が震える、夜寝つけないなどの症状があらわれたり、重症になると幻覚症状があらわれることも。

こうなると、仕事や人間関係もうまく行かなくなり、日常生活を送ることが困難になります。

アルコール依存症は、意志の弱い人がなるのではなく、お酒を飲む人なら誰でも発病の可能性がある病気であり、回復可能な病気です。

アルコール依存症の治療法は断酒が最も効果的といわれていますが、自分だけの力でお酒をやめるのは非常に困難です。

早期に適切な治療を受けることが重要です。

アルコール依存症について気になる方は、都道府県の精神保健福祉センターや保健所などで無料相談を受け付けていますので、ぜひ利用してみてください。

お酒についてのつぶやき

https://twitter.com/nnnno_e/status/968808334726914048

まとめ

お酒は適度にしておいた方が良いということですね。

後悔しても遅いですからね。

健康には気をつけましょう。

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。


日本ブログ村に登録しております。
以下のバナーをクリックしていただけると、今後の励みになりますのでよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


この記事を気に入ってくださった方は、読者登録、SNSでの拡散、ブックマークなどをして頂けると嬉しいです。